スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園での支援会議 

以前市役所から学校へ渡す為の書類(支援シート)が必要と言われ(CLICK)担任のA先生にお願いしていたのですが、年中の担任K先生、ハルの担当だったH先生、そして今の担任A先生と担当のM先生と4人で一緒に話をしながら支援シートを作っていかなければならないと言われ、幼稚園へ行ってきました。
私の想像では先生方4人と雑談も交えて話しながらするのかと思っていたのですが、応接室に通され、4人の先生方のほかに園長先生と園長補佐のR先生と7人で会議をすることに。
今日私が行くまでに年中のときのハルの様子や成長した部分また今現在の様子など細かく分類したものがすでに作成されていました。
そしてまず園長先生から支援シートの必要性、意味のお話がありました。
書類のなかから一部コピーをいただきました。

個別支援計画の機能
1 本人・保護者を中心にチームで検討するので、情報を関係機関が共有することが可能になる。
2 関係機関が積み上げてきた療養・指導を引き継ぐことによって、継続した支援が可能になる。
3 教育、保険、医療、福祉、労働の支援をあわせて検討することにより、関係機関の連携による共通理解の下、子供の支援に当たることが出来る
4 こどもを支援する人たちの協働による取り組みが促進される。

このように「個別支援計画」の機能は、支援にかかわる人たちが必要な支援を必要な場で提供する為に、共有、継続、理解、協働をするところにあります。そのことによって、ニーズに応じた支援の実現を図ることが必要です。
と書いてあります。

ハルが小学校へあがっても心配のないように細かいところまで小学校へ引き継いでくださる 本当に有難いことです。

そして 支援シートⅠ これまでの支援これからの支援
という書類にこれまでの取り組み(所属機関、家庭生活、余暇・地域生活、健康・安全・相談)、これまでの取り組みの評価、これからの計画(これからの方針、所属機関、家庭生活、余暇・地域生活、卒業後の生活、健康・安全・相談 )の項目があり、
これまでの取り組みの欄の会議をしました。
まず 今の担任のA先生から年長になってから今までのハルの成長などを話していただきました。

-4月からは先生も代わり、最初は人見知りがあったのですが、年中のときほど人見知りもなく、すぐにお友達も出 来、コミュニケーションも取れるようになりました。
 体力面でも1学期に比べると運動会を前後に体力も付き、元気に遊んでいる姿もあります。
 1学期は文字や絵を描くことがニガテだったのですが、おうちの方のご協力もあり、いまでは文字についての興味 も出てきました。絵も自発的に描くこともできるようになりました。
 12月のオペレッタがキッカケなのか自分の意見を出せるようになって来ました。オペレッタの振り付けの提案な ども積極的に行ったりしていて 自分を出せるようになって来ました。
 1学期は体調管理や水分補給などは自分では出来ず、声をかけて行っていたのですが、3学期になって自分の疲れ などをわかってきていて、無理をせず、休みたいなど自分から伝えるようになったり、水分も自分から補給でき るようになったりしています。
 とくに気をつけるところはないのですが、興味のないクラスのお友達は今でも名前を覚えていなかったりもして います(どうやら2年間一緒のお友達の名前がわからなかったりもするようです・・・)
ハルの担当M先生
-最初はM先生一緒にいてね など多少の依存があったのですが、いまではいなくても平気になりました。お友達を 誘うことがニガテで、がんばって声をかけても断られてしまうとその後はシュンとなってあきらめていたのが最 近再度誘ったりも出来るようになって来ました。A先生が言っていたとおり体調を自分でわかってきていて、以 前はおにごっこをして走り回っていても疲れていても走っていたのが最近は疲れたら止まって休むと自分から休 んだりすることができるようになりました 自分の体調管理を出来るようになって来たのはすごい成長だと思い ます。
年中担任K先生
-始めての幼稚園ということでとにかく一年間担当H先生との信頼関係をつくることをまず考えなにかあればH先生 に言えるように保育を進めていました。運動会ごろから体力も付き、お友達とも多少ですが、かかわりを持ち始 めていました。
年中担当H先生
-始めは外で遊んでも砂場ばかりで遊んでいましたが、運動会ごろから鬼ごっこや戦いごっこなど体を動かすようになりました。
園長先生
-ハルちゃんはおだやかでやさしい性格のお子さんです。
 疲れて事務所に来ると 本当にすぐにコロっと寝てしまう様子をみて疲れているんだということがよくわかります。でも寝た後は体力がすぐ回復し、元気に遊んでいます。私の一番の心配なところはやはり体力面です。
学校でも疲れたら無理をせず自分から保健室へ行って寝て休めるようになって欲しいと思います。
あとはおまけですが・・・。オペレッタ 本当に感動しました。はるちゃんが一生懸命歌っている姿に涙が出ました。
そういわれ、私はこの幼稚園に入れて本当に良かったと思いました。
たしかに最初ハルを幼稚園にお願いしに行ったときは園長先生と何度も話し合いもしました。
園長という立場からみるとハルのような子供は心配なのでしょう。
でも受け入れてくださり、補助の先生までつけてくださった幼稚園には本当に感謝しています。
先生方は本当に口をそろえてハルのオペレッタのことは褒めてくださいます。
あまり前に出るようなタイプではなかったハルですが、オペレッタはハルを開花させてくれました。
自分から主役を志願し、クラス一大きな声で歌い(息が続かずはぁはぁ言いながら歌っていました)
振りも進んで提案し、踊り、歌い、歌い、歌い!!
家でも何度も何度も見せてくれ、クウもマナも覚えてしまうほど。
こんなに打ち込んだハルは見たことがありませんでしたし、張り切ったハルを見たのも初めてでした。
将来は劇団とかにはいったりして??っていうくらいです。
その姿にハルを良く知っているA先生はもちろんK先生H先生園長先生までもがほめてくれたのです。

園長補佐のR先生
-私は普段のハルくんはとくに何も心配もなく、他のお子さんとなんら変わらないと感じています。
 ただ保育が終わった後事務所にいるハルくんは大好きな折り紙の折り方を教えて欲しいと○○先生教えてなどと 話すので人見知りはそんなに心配はないのかなとも思います。
 疲れて寝ているときは本当にグッスリ寝ていますし、大事をとって事務所にいるときとはぜんぜん違いますので 寝ているときは本当に体が辛いんだと思います。

園長先生から家庭生活を聞かれ、私は真ん中なのでうまく怒られないように振舞うのは上手なこと、クウと遊ぶより、マナと一緒に遊んでいることが多いこと。ハルとマナは本当に仲が良く、友達のような感じであったり、マナの方が上に感じることがよくあること。お友達はマンション内の1歳上のお友達とよく遊んでいることを話しました。

-心配なことはありますか?
 とにかく今はバス通園だが、学校だと15分ほど歩いて5時間の授業を受け、歩いて帰ってこれるかが体力的に心  配。

園長先生
-校長先生によくお話をして保健室で休ませてもらうことも必要だと思います。通学はたしかに大変でしょうからお 母様のフォローが必要です。あまり無理をさせて体調を崩してしまってもよくないのでそのところはよくご両親 から学校へ伝えておいたほうがいいと思います

とにかくハルの体力面の話がほぼ全般を占めた形となりましたが話は終わりました。
2月にある個人面談のときに完成した支援シートをいただけるそうです。

ハルのために園長先生をはじめ5人の先生がいろんなことを考えてくださってることが本当に有難くうれしく思いました。
2月に小学校の先生が幼稚園に来るそうです。
そのときにA先生がハルのことを話し、人見知りがあるので自分のことを伝えられるような環境を作ってもらえるよう伝えておきます(友達と同じクラスになるなど・・・)といってくださいました。
2月中旬に支援シートをもらったら次は学校です。
明日念のため市役所に電話して今後のスケジュールを確認してみようと思います。
スポンサーサイト
循環器外来 | HOME | 面談

COMMENT

うれしいね
入園してからのはるちゃんの成長は目覚ましいね。うちの下の子よりしっかりしているぐらい、休んだり水分補給したり、オペレッタはとっても頑張ったみたいで。その様子を幼稚園の先生方もちゃんと把握してくれているので、小学校にあがってもきちんと見てもらえると安心だね。

うちの下の子はとにかく小さかったので、1年生のうちはランドセルが重くて大変でした。3年生になっても座って靴を履くと ランドセルの重さで立てないとか、ちょっとぶつかられるとランドセルの重さを支えきれず転んだり。

はるちゃんは学校に教科書を置いて帰ってランドセルを軽くして歩いて登下校の負担が少しでも軽くなるかな?と思いました。うちは102センチぐらいで入学だったかな。まさにランドセルが歩いてました・笑

あとはクラス外、学年外とのかかわりも出てくるので。全くしらない子と関わる事もあるし、自分でしっかり意見を言えたり、ママに報告して改善できたりとあるといいね。

うちは登下校で他のクラスの子や、他の学年の子にやられたりトラブルもあったので、ママの知らない所でトラブルが~とならない事を願います。

まだまだ寒いと思うけど、暖かくなる頃には1年生、頑張れはるくん
2011/01/29(土) 13:54:13 | URL | あやこ #- [Edit]
支援シート
昨年、特別支援教育コーディネーターの方の講演会を聞いて、支援シートの存在を知りました。

実際のシートをみたら、記入場所がかなり少なくてびっくりしましたが(自治体によるかもしれません)、幼稚園、小学校・・・とシートを一元化して管理していくことの重要さを考えさせられました。

こんな立派な支援会議を開いてくれる幼稚園に行っているはるくんがうらやましいです!

うちはこれから保育園、小学校と進むと思いますが、色々な出会いを大事にしたいとつくづく思います。

小学校入学が楽しみですね♪
2011/02/04(金) 11:18:07 | URL | プチライオン #- [Edit]
ayakoちゃん
ハルのオペレッタは人が変わったようで親の私も見たことない姿だったの。
昨日幼稚園からのクラスビデオが届いてみたけどやっぱりすごかった!
小学校はどうなるかわからないけど ハルなりにがんばって一日でも多くいけるといいな
2011/02/05(土) 09:00:31 | URL | pumehana2006 #- [Edit]
プチライオンさん
正直幼稚園に入れてもらうまでは何度も園長先生とは話し、少しずつ理解を深めてきたつもりでした。
今までにハルのような重病児を受け入れた経験がなかったから・・・。
でもハルをキッカケに少しハンデを持ったお子さんが入園して ハルと同じ様に支援の先生がついたりと受け入れ態勢が変わってきています。
それは私にとってすごくうれしいことです。
私も少しでも園の恩返しに、ハルが通いやすい環境にと2年間役員を務め、それがぷらすに働いたかはわかりませんが本当に役員をやってよかったと思っています。
小学校 まだまだ先は長いですがお互いがんばっていきましょうね
2011/02/05(土) 09:06:49 | URL | pumehana2006 #- [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

pumehana2006

Author:pumehana2006
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

フリーエリア

blogram投票ボタン

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。