スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳鼻科外来 

今日は待ちに待った耳鼻科外来でした。
病院に着くなり、血管外科で執刀医だったA先生にバッタリ。
うれしくて思わず声をかけ、カテの結果を伝えました。
先生は体長を壊していたみたいだけどちょっと前にあったときより以前の元気なA先生になっていたので安心しました。
レントゲンを撮って診察室に入ると女医さんでした。
ものすごいテキパキ動く先生で、話も早くて飲み込むのに必死だったのでもれてるかもしれませんが覚えてる限りを書こうと思います。

先生は「いつから呼吸がしにくいの?」
という質問を皮切りに、手術はいつした?他にかかっている科は?アレルギーは?と聞かれ、私は歯医者で歯並びのことを指摘され、こども病院でセカンドを受けたとき、耳鼻科にかかるよう言われたいきさつと、生後4日、6ヶ月、1歳6ヶ月でオペをやっていること 眼科、感染免疫科 歯科を受けていること アレルギーはないことそして、赤ちゃんの頃から寝ているときに何度もあくびをすること、寝る体制が横向きで上にのけぞって寝ていることを話しました。
一通りの話を終わって、レントゲンを見て「そんなに扁桃腺が肥大しているわけではなさそうだけど・・・。寝る体制が横向きなのね?のけぞってるのかぁ・・・。」
といい、耳、鼻、のどを見ました。
「見た感じではそんな大きくなさそうね。」
と言ったのですが、私の話を聞いて鼻からのどまでカメラをいれてのどの様子を見ることを告げられました。
ハルは何をするのかわからず先生に「なに?どうするの?」
と不安そうでした。
私がハルを抱いて固定し、二人の看護師さんで手と頭を押さえ、先生が足でハルの足を押さえつけ鼻にカメラを入れた瞬間ハルは暴れだし泣き叫び大変でした。
暴れればなかなかカメラは奥に入らないし、力も強いので押さえるのにも大変でした。
あまりの泣き叫びようにもう一人看護師さんが来ました。
「誰が泣いてるのかと思ったらはるちゃんじゃない!」
と言われ見るとハルが赤ちゃんの頃循環器病棟にいた看護師さんでした。
私は思わず「こんにちは」と挨拶をしてしまいました。
なんだかちょっとほっとしました。
なんとかカメラは終了。
汗と涙で顔はグチャグチャ 息が荒いハルは放心状態でした。
結果は・・・。
まず ひとつが 声帯について。
片側半回神経麻痺 というものでした。
声帯というのは左右のひだみたいなものがあり、それが合わさると声が出るのですが、ハルの場合手術の影響で、右がほぼ動いていないとのことでした。
幸い左が普通以上に右まで動くので声はかすれていないけど、隙間が空きだすと声がかすれてくるので要観察とのことでした。
家に帰り調べてみると、その影響で話していると息が荒くなると書いてあり、それは当たってるかもと思いました。今幼稚園でオペレッタの練習をしているのですが、家でハルが踊りながら歌い続けると途中から息切れをしながら歌っています。きっとそのせいなのでしょう。

そして二つ目。
扁桃の部分が丸く狭窄ぎみで、酸素の通り道が狭くなっているそうです。寝ると舌がのどのほうに落ちるのでただでさえ、呼吸がし辛くなるのに、扁桃の部分に舌がきてしまうとさらに呼吸がしづらくなるのだろう。おそらく無呼吸になっていると思うと伝えられました。
あまりひどいと手術になるのですが、ハルはバファリン、ワーファリンを服用しているので手術はとてもリスクがありすぐに手術をとは言えない。
でも このまま放っておくと、ひどい場合肺高血圧になるのでハルの場合はそれも危険を伴う。
なのでとりあえず寝ているときの無呼吸などの検査を行い、その結果手術が必要と言うことになれば、循環器内科のU先生と相談してどうするかを決めなくてはならないそうです。
日程をどうするか悩んでいるとハルを知っている看護師さんが「はるちゃん4月から小学校じゃない?だったら学校上がる前に全部終わらせたいよね?」
と言われ、もしオペになるようなら2月までに終わらせたいことを言いました。
U先生に会うのも私は1月の末。それまでに検査を行い、耳鼻科の先生とU先生とで相談してもらわないといけません。看護師さんは「入院は3週間になるのよ。術前1週間、術後2週間だからね・・・。」
と言われ、「心臓のオペよりながいじゃないですか!」と思わず言ってしまいました。
「そうなのよ。だからとにかく早く検査してもらったほうがいいわよ。」
と先生に日程の提案を次々にしてくださり、
12月28日に再度耳鼻科を受診。そのときに検査入院の日程を決めることになりました。
また 1月25日に私だけ耳鼻科に行き、検査結果等を教えていただくことになり、27日に循環器の薬の処方で行くときにその話もすることに。
そして手術の場合2月にしてもらう。
なにがなんだかわからないまま予約をとり、挨拶をして診察室を出ました。

なんだか放心状態です。
まさか この間カテが終わったのにまさか検査入院だなんて・・・。
声帯も術後半年以内だと治る確率が高かったらしいのですが、3度の手術のうちどれで麻痺になってしまったかもわからないし・・・。
ハルはまだたくさんがんばらないといけないようです。
心臓の状態はすごくいいのに・・・。
まだ受け入れられていない私がいます。
がんばっていこうね! ハル
スポンサーサイト
カテ入院3日目 | HOME | 感染免疫科、眼科外来

COMMENT

私も驚きです
私も、読ませていただいて、驚きました。手術の影響でそういうこともあるんですね。フォンタン後は、血栓の心配もずっとつきまとうし、心配事は絶えないですね。
今回 入院検査や手術の話が出てしまい、カテが無事に終わったばかりだというのにとてもショックだと思います。だけど、今回の耳鼻科受診に至るまでには、pumehanaさんがよくハルくんを見てあげていて気づいてあげたからですよね。そして、それを放っておかずにちゃんとアクションを取り続けた結果だと思います。pumehanaさん、すごい!もし気付けていなかったとしたら・・・それこそ後でもっと色々な症状が出てきてしまったかもしれないのだから。早めに、しかも小学校上がる前に色々とわかってよかったと思います。
長々とごめんなさい。つい。。。熱くなっちゃいました。これからまた心配ごとが少し増えて大変かもしれないけれど、ハルくんと一緒にがんばってくださいね。応援してます!
2010/11/29(月) 00:28:32 | URL | RIKO #- [Edit]
びっくりだけど・・・
カテ結果が良かっただけに、また入院となるととてもショックな気持ちわかります。。。でも、結果オーライで肺高血圧にならないうちに原因が分かって良かったですよね。

鼻からのカメラ、ハルくん良く頑張りましたね。
偉い偉い~(^^ゞ

それにしても3週間の入院はまた長い。できれば入学前が良いですね。応援してます♪
2010/11/29(月) 11:32:42 | URL | プチライオン #- [Edit]
プチライオンさん
ありがとうございます。
まだ オペとか決まったわけではないけれど、かなりショックです。
ハルも気にしているみたいで夜何度もおきるので風邪をひいてしまいました。
ハルのためにもあまり気にしてないように過ごしたいと思っています。
2010/11/29(月) 11:46:06 | URL | pumehana2006 #- [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

pumehana2006

Author:pumehana2006
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

フリーエリア

blogram投票ボタン

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。