スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとう・・・ 

恐れていた大きなけがをしてしまいました。

骨折です。

今日子どもたちと出かけるため朝、自転車に乗り、駅まで行こうと家を出て、10数メートル。
いつもハルが私の前を走るのに 今日に限って私が前でした。
いた~い!という声が聞こえ、振り返ると転んでいるハル。
自転車に乗り始めて一番派手に転びました。
手首を押さえていたいと言うので、 しばらく様子を見、手首を動かしたり、手を握ったり開いたりして確認したところ、そこまで痛がる様子もなく、腫れもなかったので そのまま出かけることに。

その後もしばらくは ちょっと触ると痛い くらいの痛さだったので捻挫だろうと思っていました。
その後腫れも、内出血もなかったので大丈夫かと思っていたら ハルがだんだん痛がるようになり、
あわてて病院へ。 転んだのが9時前。病院へ行ったのが12時前。
もちろん保険証は持っていなかったので 病院に子どもたちを置いて私は家へ保険証を取りに行きました。(病院までは自転車で5分ほど)
病院に戻るとすぐに呼ばれ、診察室へ。
先生に手首を動かすように言われ、動かすと「大丈夫そうかなぁ」とつぶやいた後、レントゲン室へ。
しかし 大丈夫ではありませんでした。
右橈骨(とうこつ)若木屈曲骨折

橈骨・・・前腕は2本の前腕骨で構成されている。体を直立させて上肢を垂直に垂らし、手掌(手のひら)を前面に向けたとき、前腕の外側(そとがわ)に位置するのが橈骨である

若木骨折・・・幼児や小児の成長過程にある骨は、水分が多く弾力性と柔軟性を有するため、あたかも若木が折れ曲がるような骨折を起こします

つまり ポキッと折れたわけではなく、骨が内側にしなってまがってしまった状態でした。(見てもわかるほどまがっていました)

先生はこう続けます。

この状態のまま固定はできません。
まず このまがった状態を元に戻す作業をしてそれから固定をします。

と言いました。
先生の手でまがった骨を元の状態にその場で治す とのこと。
不安そうな顔をしたハルが「なにをするの??」
と泣きそうに聞いてきたのですが、私はハルの顔に触れ「ハル がんばるんだよ」
と言い残し 診察室を出ました。
泣き叫ぶ声を想像し、待っていたのですが、何も聞こえてきません。
しばらくして、診察室に呼ばれ、入ると 静かに泣いているハルの姿が。
「ハル 頑張ったね 痛かったね」
というと 我慢していたのでしょう。泣きじゃくり始めました。
先生もおとなしいハルに驚いたようでした。
やっぱり ハルは痛いのに泣くのを我慢していたようです。
元の骨の場所に治した後のレントゲンはすっかりまっすぐになっていました。

今日はギプスはつけることができないということで 二の腕あたりから手の平まで固定されていました。
月曜日にギプスを付けるということです。
おそらく全治2か月 とのこと。
痛み止めのカロナールを処方され、帰宅です。
今日は代診の先生だったので 月曜日に今後の予定が決まると思います。

家に帰り、パパに報告。
そして こども病院の主治医U先生に電話をしました。
状況を説明すると
いつも感情をあまり出さない先生がとても驚いていました。
「やっぱり ハル君は心配ですねぇ・・・。今後のことも少し考えないといけませんね・・・。次回の外来の時に今後のことを話しましょう」
と言われました。
そして 今日から薬はストップ。 ギプスをして2日後 水曜日から薬の再開を指示されました。

ホッとしたのもつかの間。
今度は吐き気に襲われ、嘔吐したハル。
その後は元気になり 痛みもないとのこと 安心していたのですが、夜になり痛みがひどくなってきて、食欲もあまりありません。

明日 楽しみにしていた実家へのお泊りも 本人が行きたくない というほどへこんでいるようです。
しかし 利き腕の骨折。
ギプスになれる2.3日は春休みでよかったのですが、新しいクラス 新しい担任の先生。
新学期はしばらく大変そうです。

スポンサーサイト

学期末 

もうあと2日で終業式です。
あっという間の1年間でした。
この1年はハルにとって一番成長した一年だったと思います。
ひらがなも書くのがままならなかった4月。
一年で漢字も書けるようになりました。

今まで知らなかったハルをたくさん発見しました。
すべてのことに全力で取り組む姿勢。
誰に似たのかわからないほど真面目な性格。
みんなに注目されて笑われることの楽しさ。
女の子と遊ぶ楽しさ。

年末に学校でコマをまわす授業があり、コマ回しにハマりました。
最初はできなかったのですが、今では掌に乗せてまわしています。

そして一番私の心に残っているマラソン大会。
今日学校から一年間の作品の中に、作文集がありました。
マラソン大会についての作文を読み、私はまた泣いてしまいました。
残しておきたいのでここにつづります。

マラソン大かい

きのう、一年生ぜんいんでマラソン大かいをしました。
はしるまえはどきどきしました。
はしってるときはつらかったです。
はしったあとはのどがいたかったです。
ままになんい?といったらままが、「学校にみにきたんだよ。」
ていいだしてびっくりしました。
ママに65いっていったら「さいごまでがんばったね。」
っていってくれました。
ぱぱにも「がんばったね。」っていってくれました。
おにいちゃんにいったら「すごかったね。」っていってくれました。
かいとっていう人が3いだっていってびっくりしました。
すごかったです。まけられなかったです。
ともだちに65いっていったら「へえすごいね。」っていってくれました。

かいとくんは同じマンションのお友達です。
そのほかの友達というのは仲良しのRちゃんのことだと思います。
友達をすごいと褒められ、そして負けられないなんて思うハル。すごいなぁと思いました。

先生からも 最後まで走ったことが素晴らしいです。とひとこと書いてくださっていました。
今までにない長い作文でハルの気持ちがすごく大きかったんだろうなぁと思いました。
一年でここまで文章を書けるようになるんですね。
本当に担任の先生には感謝してもしきれない気持ちでいっぱいです。

今ハルのハマっているのはJボード。
あざをたくさん作って頑張っています。
昨日頑張りすぎて今日は腹筋が痛いと言っていました(笑)
なんでも頑張っているハル!
2年生も一緒にがんばっていこうね!!

手紙 

先日 授業参観で 自分についての発表をしました。
発表の内容は 自分の名前の由来 です。
そして そのあと先生が「おうちの方があなたたちが生まれてきてどう思ったか 今どう思っているか 手紙を書いてもらいましょう」と。
そうです。去年 クウがやったのと同じ、ハルへ手紙を書くことになりました。
生まれてから今までのことで 思い出に残っているエピソードを交えて大好きだということを書いてほしい とのことでした。


クウの時は3年生ということもあり すんなり書けました。
今回 私は なかなか書けずにいました。
ハルについては手紙では書ききれないほどの濃い7年間を過ごしています。
だからと言って1年生のハルにどう説明するか。
文章を読んで理解できるような文を書かなければならない ということ。
それを考えると どう書いていいのか迷ってしまい ペンが進みませんでした。

よくハルが小さかったころの話はお風呂の中などでしているので 書くこともありません。
なので いつも私が思っているけれど ハルに直接言っていないことを書くことにしました。
内容を忘れてしまうので ここに今回も書いておこうと思います。

大すきなはるちゃんへ

はるちゃんはとてもつよくて、やさしい子です。
そしてせかいいちがんばりやさんです。
赤ちゃんのころ3かいもしゅじゅつをしました。
びょういんにおともまりもたくさんしました。
いたいちゅうしゃもなかないはるちゃん。
そしてさいきんで一ばんがんばったことはマラソン大会で、くるしくてもさいごまではしったことです。
ママはあんなにながいきょりをはしれません。
つらいのに、くるしいのに、あきらめないでさいごまではしったはるちゃんを見て、ママはないちゃったよ。
とっても、とってもカッコよかったよ!ままの中ではるちゃんが1ばんです!!
はるちゃんはママにとって、だいじで、たいせつです。だから、いつもげんきでいてほしいとおもっているんだよ。
だから、はるちゃんにはくーちゃんやまーちゃんよりうるさくいろいろ「ダメ」といってしまうの。
はるちゃんがびょうきやけがをしてしまったらママはとてもかなしいから・・・。
いつもダメ!ダメ!ばかりいってごめんね。
はるちゃんももうすぐ2年生。ママもはるちゃんにダメダメいわないようにするね。
これからもつよくて、やさしい、げんきなはるちゃんでいてね!
大すきだよ。

ママより

そして今日ハルから返事がきました。

ママ お手がみありがとうございます。
マラソン大会のことありがとう。
お手がみよんだらないちゃった。
お手がみをずっとなくさないね。
やさしくしてくれてありがとう。

手紙を読んで私は涙が出てきました。
ハルは私の手紙を読んで気持ちがわかってもらえたんだなぁ。
クウは感情豊かな子なので 手紙を読んで泣いていましたが まさかハルまでなくとは思ってもいませんでした。
この手紙で今までの苦労がすべて吹っ飛んだ気がしました。
これからもっといろんな話をしたいと思っていますが、1年生のハルにとって私の気持ちが届いたことは本当にうれしいことです。
手紙をかくことを宿題にしてくださった先生に感謝です。
ハルは手紙を自分の宝物入れに入れていました。
ハルからの手紙・・・またひとつ私の宝物が増えました。

循環器外来 

今日は循環器外来でした。
システムが変わっていて 少し戸惑っている間にすぐに呼ばれ、診察室へ。
最近はどう??というU先生の質問には
インフルエンザにもならず元気に過ごしていることを報告しました。

心臓のほうは状態もよく 特に問題なし。
私は ハルのマラソンについて質問をしました。
走った後に頭痛を訴えること。
マラソン大会の時 かなりの周回遅れでなんとかゴールしたけれど 相当つらそうだったこと。

先生は 「フォンタンの子は持続する運動はやはり厳しいんですね。瞬発てきにやるスポーツはさほど気にならないとは思うけど 持続してやるスポーツは差が出てしまいます。仕方がないことなんですが・・・。」
とのことでした。頭痛に関してはそんなに問題はないということです。 よっぽどだと気を失うほどになるとか。(そうなったら困りますが…)
そこで 私は先生にお願いしてみました。
今 ハルがどれだけの体力があり、今後体育の授業においてどれだけのレベルまで運動が可能か運動負荷テストを行ってほしいということを。
やはり マラソンはもちろんのこと縄跳びも練習で飛べても本番で疲れてしまって飛べないことばかり。
担任の先生にもたまに「どこまで縄跳びは飛ばせてもだいじょうぶですか?とかどの辺になったらやめさせたらいいですか??」と聞かれます。
でも はっきり言って 幼稚園のときは体育の授業ほどちゃんとした運動はしていませんでした。
どこが限界でどこまでが大丈夫かなんて私も見たことがなく わからないのです。
なので 一度検査を受けておけば 来年度からの体育などの参考にはなるかなぁと思っています。
学年が上がるほど体育の授業もついていけなくなるものも出てくると思いますし・・・。
先生も「では一度検査してみましょうか」
と 担当の先生に連絡をその場でしてくださり 空き状況を聞いてくださったのですが・・・
しばらく空がないという状況でした。
なので 次の外来の時に考えましょう ということに。
次回は9月。 もう2年生も半分過ごしてしまうなぁ・・・
なんて 思いましたが、私が薬をもらう6月にもう一度先生に聞いてみようと思います。
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
02« 2012/03 »04

プロフィール

pumehana2006

Author:pumehana2006
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

フリーエリア

blogram投票ボタン

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。