スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業参観 

今日はクウの授業参観でした。
先日はなした“命の授業”そして手紙を渡す日でした。(click!)

最後の授業で、親が手紙を渡すということでいつもより人が多く、私が行ったときには教室にはたくさんのお母さんの姿がありました。
授業が始まり 最初は先生があるCDを流しました。
「これはね 赤ちゃんが聞くと必ず泣き止むといわれている曲です。よく聞いてみましょう」
といい、流しました。
それは音楽の一番奥底におなかで聞いていたお母さんの心臓の音が流れている曲でした。
そして次にスライドで8ヶ月のおなかの中の赤ちゃんの様子を映し出しました。
そのとき、K先生は自分のお子さんの出産に立ち会った話をしました。
みなさんは知らないのですが、K先生のお子さんは心臓病です。病名は知りませんが、手術を行なったと聞いているので、出産したときから大変だったに違いありません。
それなのに気丈に話している先生を見て私はハルを出産したときと被り、涙があふれてしまいました。
つぎに、少し悲しそうなさびしそうな表情の妊婦さんの絵を映し出しました。
この絵が今日の道徳の授業でした。
先生はこういいました。
「このさみしそうな妊婦さんは体が弱く、赤ちゃんを産むと自分は死んでしまいます。あなたはこの妊婦さんが赤ちゃんを産むのは賛成ですか?反対ですか?」
もう私は涙が止まらなくなり、授業を聞いていることが出来ませんでした。
教室を出、廊下で私はどうにかして涙を止めようと必死になっていました。
一人ひとりの意見を述べた後、先生はスライドで一通の手紙を見せました。
それは その妊婦さんが赤ちゃんに送った手紙でした。
そして 預かっていたお母さんからの手紙を子ども達に配り、子供たちは読みました。
その後授業の感想を言い、授業は終了。
いつもならすぐに私の元へ来るクウですが、ぜんぜんこない・・・。
さようならをしてもこない・・・。
やっと来たとおもって見たら ずいぶん泣いたとおもわれるほど目が腫れて真っ赤でした。
そのとき 私の思いが通じたんだな と思い、また涙が出てしまいました。

その夜、クウと二人で手紙について話をしたのですが、クウはずっと泣いて何も答えてくれませんでした。
私が手紙を読んでどうおもった?と聞いたのですが、「言いたくない」と言い、ずっと泣いていました。

確かに言葉で聞いてみたかったけど その涙 泣きはらした顔を見ればもう何もいりません。

今回手紙を書いて本当に良かったなぁとおもいました。

スポンサーサイト

クウへの手紙 

担任の先生から 次の授業参観で命についての授業を行います。
その際に、お子さんに命についてをふくめお子さんにお手紙を書いてきてください。
と言われました。
改めて手紙など渡すなんて機会はありませんでした。
命について・・・。そんなのハルを見ていて一番よくわかっているクウです。
どうしようかな と悩んだ結果今まで言わなかった私の気持ちを書くことにしました。
クウに渡してしまうのでここに記しておこうと思います。

大好きなクウへ

命についてのお手紙を書く。クウには命の大切さはだれよりも知っていて、言わなくてもわかっているので何を書こうかなと考えました。
そして今までクウには言っていなかったママの気持ちを書くことにしました。
クウは2月13日3775gととても大きく生まれてきてくれました。その日に病院で生まれた赤ちゃんは8人。クウは2番目に大きく一番小さいあかちゃんとは1kgも体重が違いました。
名前はパパが考えてくれた名前。夢がかなう子に育ちますようにと願ってつけてくれた名前です。
 病院の先生からクウが生まれる日は大体2月1日と言われていたのに、毎日待っても待ってもなかなか生まれてきてくれませんでした。病院で「14日までに生まれなかったら薬で産ませます」と言われていました。そして13日の朝生まれてきてくれました。
 生まれてすぐ、これだけおなかにのんびりいたんだからきっとのんびり屋さんなんだろうなぁ。と思っていたら、その通り。マイペースで周りをあまり気にしないのんびり屋さんでしたね。
いつも自分のペースで過ごしてきた2年8ヵ月後ハルが生まれました。
ハルが生まれるのをまだかまだかと待っていたね。でもハルが生まれて、パパもママもクウも今までの生活とは全く違う生活になりました。
普通の子でも妹や弟が生まれるだけでも生活は変わり、大変です。
ハルは病気を持って生まれてきて、すぐ横浜の病院へ運ばれて手術をし、毎日ママは病院へ通っていました。
まだ3歳にもなっていないクウに「ハルは病気で毎日ママは病院に行かなければいけない」と説明をしたとき、すごく真剣に話を聞き、「じいじとあーちゃんと待ってるよ。はやくはるちゃんよくなるといいね」と言ってくれたクウ。
それから退院するまでわがままを言わずに毎日ママを待っていてくれました。
ハルに会えるのを楽しみにしていたのに初めて会ったのは1ヵ月後だったね。
そのときのクウのうれしそうな顔は今でも忘れられません。
それからはハル中心の生活になり、急に夜中に病院に行くこともたくさんありました。
入院のたびにいつもじいじたちと留守番でした。
でもクウは嫌な顔をせずいつも待っていてくれたよね。
他の子よりもクウはたくさんたくさん我慢をし、寂しい思いをしていることを知っています。
でも 平気な顔をして過ごしているクウはすごいとママは思っています。
夜中にハルが具合が悪くなっているといつも起きないのに起きて「病院へ行ってきたら?」と心配してくれるクウ。
ハルが怪我をすると真っ先に手当てをしてくれるクウ。
普段はハルと喧嘩をするけれどハルが具合が悪いと一番心配するのはクウです。
ハルが生まれてから今までずっとハルを中心に生活をしています。
ハルの看病をしたり、ハルのためにママは色々毎日過ごしています。
でも それが出来るのはクウがいろんなことを我慢したりハルを優先にさせてくれるからです。他の子には出来ない 大きな大きなやさしさをクウは持っています。
そのやさしさにいつもママは甘えてしまっていてごめんね。
でもクウのやさしさは大きな強さを持っている証拠。
強くなければ人は優しくなれません。
マナにもいつもやさしく、面倒見がいいクウ。
赤ちゃんが大好きなクウ。妹だったら欲しいなぁっていうクウにはビックリしたけどね。
大きなやさしさを持つクウはママにとって自慢の息子です。
いつまでもその大きなやさしさと大きな強さを持ったクウでいてくださいね。
そして、いつもママを支えてくれてありがとう。
大好きなくーちゃん!これからも頼りにしているよ!!よろしくね!

面談 

今日は学校面談の日。
市役所のYさんとの約束の時間は9時45分。
本来ならば門のところなんだそうですが、ハルの前にも一人面談の人がいるらしく「校長室で会いましょう」
と言われていました。
前日に担任のA先生から受け取った支援シートを持ち、パパとハルと3人で学校へ。
ハルはなんだか朝から変なテンションで忙しい中やたらとちょっかいを出してきていました。
学校に着くとYさんが来てくださり、校長室へ。
残念ながら校長先生はいらっしゃらず、教頭先生、保健室の先生、特別支援の先生の3人で面談でした。
Yさんが進行をしてくださり、
「まずはご両親からハルくんのことをお話ください」
と言われ、
重度の先天性心疾患2歳までに3度の手術を行なっていること。
体に人工物が入っているのでバファリン、ワーファリンを服用していること。
そのせいで納豆、クロレラが食べられないこと。
出血もしやすく、止血に少し時間がかかること。
体力が今でもなく、幼稚園で昼寝をしていること。
人見知りがひどいので今は幼稚園で体調を自分で訴えられるが小学校になって言えるか心配であること。
を伝えました。
幼稚園と違って、保健室の先生は薬のこともわかってらっしゃるので詳しい説明をする必要はなく、少し安心感がありました。
先生方からの質問は
薬はいつ何回飲んでいますか?
 夜1度のみです。
怪我の度合いですが、良くあるのが机に指を挟むことなんですが、そのくらいでも連絡をしたほうがいいですか?
 多少の怪我では他のお子さんより止血に時間がかかるかもしれませんが、連絡の必要はありません。ただ他のお 子さんでも危険な高いところから落ちるなどの場合は連絡をいただきたいと思います。
運動制限はありますか?
 運動制限は基本的にありません。ただ皆さんと同じように出来るかと言うと出来ません。例えばリレーなどです と前半は走れますが後半は歩いてしまいます。体を動かすことは好きですが、疲れるとすぐに止まったり座り込 んだり幼稚園ではしているようです。息を止めることを禁止されているので水泳では、潜る程度は黙認してくだ さっていますが、潜水は禁止されています。
階段とかは心配ですか?
 弱視もあり、今は1.0になったのですが、階段の下りがとてもニガテで今でも手すりを使って降りています。
学校内に支援の先生は3人しかいません。他のクラスにも支援が必要なお子さんもいるのでハル君に幼稚園のように付きっきりということは出来ないのですが大丈夫ですか? 
座って授業を受けることに関しては特に問題はないと思うので、ずっとそばにいてくださらなくても大丈夫で  す。ただ体育や特に水泳のときは出来たらそばで見ていてくださると助かります。
しばらく慣れるまでは登下校の付き添い、また授業にも付き添っていただくことは出来ますか? 
登下校は出来ますが、授業は弟の幼稚園の送り時間もあるので毎日は不可能だと思います。ですが、この時間は 付き添いが必要というときがあればそれはもちろん可能です。
仲良しのお友達はいますか?
 同じ年の仲良しというお友達は特にいません。今1年生のお友達には面倒をいつもみてもらっています。
そしてYさんから何か聞きたいことはありますか?と言われ、
毎日幼稚園で午後お昼寝をしているのですが、疲れたときはどうしたらいいのでしょうか?今はバス通園で、午後昼寝をしています。学校までおよそ15分ほどですが、歩いて通うとなるとずいぶんと体力を消耗すると思います。また、集中しすぎると息をすることを忘れてしまうと幼稚園で言われているので、そうなると疲れてグッスリ寝てしまっているようです。
 保健室のベッドが空いていれば休むことも出来ますし、心の相談室にもソファもあります。空いているときはも ちろん休んでもらってかまいません。ただ今の時期は保健室はインフルエンザなどもあるので逆に来ないほうが いいかなぁとも思います。
 それは担任の先生とじっくり話をしていきましょう。
 疲れたときのサインなどはありますか?

幼稚園では浮腫んできたり、顔が赤くなるそうです。
でも、疲れても最初は自分の体調を訴えることが出来ないかもしれません。
幼稚園の最初のころは保育中居眠りをし始めてしまったり自分ではいえなかったそうです。

 ではしばらくは先生のほうから声をかえてもらうことにしましょう。

そして先生方はハルに話しかけて下さったのですが、何も答えられず、小さい声でボソっとつぶやく程度。
じっと座ってもいられずクネクネ体を動かす始末。その姿にパパはイラっとしていました。パパはそういうのが一番嫌いなんです。

その後、20分休みになり、現一年生の先生方、補助の先生方が来てくださり、挨拶をしました。一年生の先生の一人は去年クウの担任だった先生です。ハルも何度かお会いしているのでちょっとうれしそうでした。
か細い声でハルは名前を言い、とりあえず面談は終了です。

最後にYさんは何かありましたらいつでも連絡をください とおっしゃってくださいました。
校門の近くでクウを見つけうれしそうなハル。近くに担任の先生もいらっしゃり、わざわざ私たちのところへ来てくださいました。
「今日クルムくんが言っていました。もう終わったのですか?」
無事終了したころを言うと
「そうですか、また何かありましたらいつでも・・・。もしかしたら来年担任になるかもしれませんし・・・」
と意味深な先生。
確かに先生のお子さんも心臓病で、ハルのことはすごく気にかけてくださっています。
以前養護学校で先生をされていたりと心強いのでぜひ担任になってくださったらうれしいです。
先生にお礼を言い、学校を後にしました。

ハルは緊張しすぎて疲れたのかグッスリ昼寝。
マナを迎えがてら担任のA先生に学校での面談の報告をしに幼稚園へ。
一通り報告し、
授業になぜ私の付き添いを希望したのか。
私たちの気持ちとしては、私がいるとハルが甘えてしまうのでできれば避けたいこと。
以上のことを午後ハルの学校の先生が幼稚園に来たときに、聞いてもらうことにしました。
A先生は そのほかに人見知りのことと疲れたときより、最初は見分けることが出来ないと思うので頻繁に声をかけて体調を聞いたほうが言いことを伝えておきます。
と言ってくださいました。

14日は幼稚園で面談です。
そのときに学校の先生の答えが聞けると思います。

私も学校にしばらく通う・・・。朝は戦争になりそうです。
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
01« 2011/02 »03

プロフィール

pumehana2006

Author:pumehana2006
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

フリーエリア

blogram投票ボタン

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。