スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

循環器外来 

今日は循環器外来でした。
システムが変わっていて 少し戸惑っている間にすぐに呼ばれ、診察室へ。
最近はどう??というU先生の質問には
インフルエンザにもならず元気に過ごしていることを報告しました。

心臓のほうは状態もよく 特に問題なし。
私は ハルのマラソンについて質問をしました。
走った後に頭痛を訴えること。
マラソン大会の時 かなりの周回遅れでなんとかゴールしたけれど 相当つらそうだったこと。

先生は 「フォンタンの子は持続する運動はやはり厳しいんですね。瞬発てきにやるスポーツはさほど気にならないとは思うけど 持続してやるスポーツは差が出てしまいます。仕方がないことなんですが・・・。」
とのことでした。頭痛に関してはそんなに問題はないということです。 よっぽどだと気を失うほどになるとか。(そうなったら困りますが…)
そこで 私は先生にお願いしてみました。
今 ハルがどれだけの体力があり、今後体育の授業においてどれだけのレベルまで運動が可能か運動負荷テストを行ってほしいということを。
やはり マラソンはもちろんのこと縄跳びも練習で飛べても本番で疲れてしまって飛べないことばかり。
担任の先生にもたまに「どこまで縄跳びは飛ばせてもだいじょうぶですか?とかどの辺になったらやめさせたらいいですか??」と聞かれます。
でも はっきり言って 幼稚園のときは体育の授業ほどちゃんとした運動はしていませんでした。
どこが限界でどこまでが大丈夫かなんて私も見たことがなく わからないのです。
なので 一度検査を受けておけば 来年度からの体育などの参考にはなるかなぁと思っています。
学年が上がるほど体育の授業もついていけなくなるものも出てくると思いますし・・・。
先生も「では一度検査してみましょうか」
と 担当の先生に連絡をその場でしてくださり 空き状況を聞いてくださったのですが・・・
しばらく空がないという状況でした。
なので 次の外来の時に考えましょう ということに。
次回は9月。 もう2年生も半分過ごしてしまうなぁ・・・
なんて 思いましたが、私が薬をもらう6月にもう一度先生に聞いてみようと思います。
スポンサーサイト

心エコ― 

忙しくなかなかブログの更新ができませんでした。
8日にU先生の心エコーでした。
今までカテなどで入院したときに代理の先生の心エコーはしてもらっていたのですがU先生の心エコーはオペ前からしてないはず・・・(少なくとも私が知っているのでは)
急になんで心エコーなのか不思議でした。
検査室に入ると ほかの女医さんがいて ハルのエコーを見だしました。
U先生は外で待機です。
その女医さんは何度も何度もいろんな角度から確認し U先生のところへ。
その後U先生がエコーを行い、女医さんと何やらコソコソ話しています。
「・・・だと数値がずいぶん大きいなぁ・・・でも・・・・だと・・・」
など こちらとしてみたらドキドキしてしまうような感じで しかも何度も何度も同じ映像の数値を調べていました。
そして 終了。
結果がどうなのかドキドキして聞くと
「もんだいないですね~」の一言。
さっき何度も図っていたのはなにかあったのかと聞くと
あっさり 機械の問題で心臓には何にも問題ないよ。
とのことでした。
よかったぁ・・・
なんだか 心臓が大きいような話をしていたようだったのでドキドキしてしまいました。
順調とのこと。
3か月後にまた検診です。

ハル お疲れさま!

循環器外来 

今日は循環器外来でした。
学校に入ってから初めての外来です。予約は9時半でしたが、おそらく家に着くのがお昼頃。
学校を休ませてもよかったのですが、初めてだったので「病院に行っても学校は行くんだよ」
ということをわかってもらうため今日はあえて学校に行くことにしました。
ランドセルを持って病院へ。

昨日の台風のせいか道がすごく混んでいていつもの倍はかかり、予約時間にあと5分で遅刻するところでした。
病院内も混んでいるのか?と思いきや そんなに混んではいなく、10時半には呼ばれました。(ついたのは10時)

いつもの通り こんにちわ~と入っていき、先生と雑談。

学校を休まずに行ったこと。夏休みにプールの夏期講習に行ったこと。
プールでは2日までは元気に行けたが最後の4日目は疲れ果てていてほとんど泳げなかったことを話しました。
「やっぱり体力がないんですかねぇ」と先生。
息も続かず、10mが息を止めて泳げないことを言うと「そうですかぁ・・・」と不思議そう。
「そんな風には見えないんだけどなぁ・・・」とポツリ。
そして「けがはしなくなりました?」
と言われ 「しなくなりました。学校へ行ってから昼寝もほとんどしてんですよ」
というと 「そうですか。それはずいぶん進歩したねぇ」
といい、いつものように聴診器をあて、診察です。
「もうすぐ7歳だもんなぁ…」としんみり先生がつぶやいてびっくりしました。
あんまりそういうことをいう先生ではないので なんだかうれしかったです。
「心臓の調子はよさそうですが、久しぶりにエコーをしたいと思います。」
と言われました。
私はすごくびっくりしました。
だって ハルは心臓の状態がいいからなのか 心エコーをわざわざやったのなんてオペ前後以来です。
もちろん カテの時や入院の時にはエコーはしましたが、それ以外は本当にずっとやっていない・・・。
しかも去年のカテ入院の時にエコーはしています。まぁU先生がしたわけではないですが・・・。
なにかあるのかな?けがが少なくなったと聞いて先生も何か薬の変更を考えてるのでしょうか?
ちょっとドキドキですが 心エコーは12月12日に決定しました。

その後学校に行くとちょうど給食を配り始めたところでした。
みんなが「ハル~」って近づいてきてくれてうれしそうなハルでした。
先生も今日の結果を心配してくださいました。
特に問題ないことを話し、私は家に帰りました。

循環器外来 

半年振りの循環器外来でした。
地震の影響などはあるのかちょっと心配でしたが、3月末なので混むことは予想して病院へ。
案の定とても込んでいて10時予約だったのですが、呼ばれたのは12時。

診察室に入ると 「お待たせしました」
とU先生。
ハルに聴診器をあてながら「最近はどうですか?」
と言われ、「風邪気味ですが、特に問題はありません。」
と答えると私が笑っていたのが気になったのか「お母さんなんでそんな苦笑いなんですか?何かありました?」
と心配されてしまった。
これと言ってはなかったのですが、地震や卒園やらでいろいろあったなぁと思っただけ。
「特にないですよ。無事に卒園式もむかえられたし、学校にも面談に行ってきました。学校の送り迎えはしばらくすることにはなりました。学校側も重度の心疾患の子は受け入れが初めてなようです。ただ幼稚園のときのように薬の作用などを保健の先生は知っているので対処の仕方なども知っているので安心です。
運動制限を聞かれたのでないと答えましたけどよかったですよね?」
というと
「はい。問題ありません。」
とU先生。
でも送り迎えのことは多少驚いていました。怪我も多いことがわかっているので仕方ないかとも・・・。
家の場所を聞かれ、来年度に近くに総合病院が移転してくる場所だと伝えると、その病院のERか小児科を持っている先生が信頼をおける先生で以前こども病院で働いていたので何か困ったら指名するといいことを教えてくださいました。
歩いてでもいける場所なので今後急ぎのときはその先生の元へお願いしてみるつもりです。

ハルはなんとかひらがなを読むことはできるようになりました。
書くこともだいぶできるようにはなってきてるのですが・・・まだまだです。
クウの影響でこらしょをやり始めたハル。私的にはハルにはまだ難しいと思ったのですが、ひらがなが読めるようになったらコラショを始めると約束したのでハルにとっては念願のコラショ。
でも やはりハルには難しく、問題を読めても内容まで理解が出来ず
イライラし始める→鼻息が荒くなる→わかんないよとキレ始める→鉛筆を折ろうとする・・・(汗)
毎日こんな感じでした。でもすこしでも学校で困らないように毎日進めてるのですが・・・
そのことを先生に話すと大笑い。
「ハルくんにかんしてはそんな心配したことはないですよ」
というU先生。
突然「ハル君ははさみ使えますか?」と言われました。
使えることを伝えると「なら大丈夫」と太鼓判をおすU先生。
理由を聞くと面白い話しをしてくださいました。
どうやら実体験だそうで、U先生は小学校に入るときはさみが使えなかったそうです。そして幼稚園にも通っていなくいきなり小学校だったとも・・・。
そしてU先生の苗字は一年生の始めに習う漢字なのですが、それも一年のときかけずひらがなで書いていて、2年生でようやく苗字だけは頑張って書いていたという話をしてくださいました。
「だから大丈夫です」とまた言うU先生。
簡単な自分の苗字も書けなかったのに立派な医師になっている・・・。なんだかちょっと大丈夫かもと思えました。
ハルの昼寝のことも 先生の娘さんが幼稚園の運動会で一人居眠りをしていたことや、小学生の今でも先生の休みの日に一緒に昼寝をして3時間くらい寝てしまう話もしてくださり、その子のペースだし、病気だから眠るわけではないと言って下さいました。
なんだか今日先生にはすごく励まされ学校も少し心配ではなくなりました。
U先生に本当に感謝です。

循環器外来 

今日は循環器外来 と言っても処方箋をもらってくるだけなので私のみで行きました。
朝ハルが起きてくるなりゴホッゴホッとものすごい咳・・・。
確かにずっと風邪気味で痰きりの薬は飲んでいたのですが、昨日とはぜんぜんちがう咳に「どうしよう・・・。」
不安がよぎりました。
今世間ではインフルエンザはA型が流行っているみたいですが、幼稚園ではもっぱらBで蔓延中。
担任の先生からインフルエンザが出ると連絡をいただいていたので、少しずつ流行ってきてから毎日マスクをして幼稚園ではすごしているのですが・・・。どうやら新たな風邪をもらってきてしまったようです。
薬を飲んでいるせいか最近は体力がなく、クラスでさようならをしてからバスが来るまでの間昼寝を毎日しているようでした。
早めに手を打っておかないとインフルになってもイヤだし。でも私は薬を取りに行かないと・・・。
小児科は私が小さい頃からお世話になっているので先生もよくしてくださっています。
しかも私のいとこが働いています。
今日はマンションの友人が丁度お子さんをその小児科に連れて行くというので・・・。
友人にハルをお願いし、いとこには事情を話し、先生には手紙を書き・・・。
マナをバスに乗せ私はこども病院へ。
近くに住んでいるパパのお父さんや私の父は定年退職し、家にいますが、ハルを小児科にお願いするのは・・・。微妙です。あまり預けることが出来ない私はマンションの友人におんぶに抱っこ。
とても助かっていますし、ハルのことをじいじやばあばより良くわかってくれているマンションの友人。
何人かいる友人の一人にハルを託しました。

循環器は空いていて、しかも順番より早く呼ばれ・・・。
どうですか?とのU先生の問いかけに幼稚園でインフルエンザがかなり流行っていることを伝え、かかったときの対処を念のため聞きました。
はやり先生もB型が流行っていることは驚いていました。
総合診療科での話や耳鼻科の結果を話すと「一番いいのはアデノイドをとっちゃうのがいいんだろうけどネェ」
とつぶやいていました。
胸腹運動が小さいことを伝えると「どうしていいか わからないなぁ」と困り顔。
やっぱり専門分野でないとダメなんですね。

処方箋の変更をお願いしました。
ワーファリンを今まで錠剤を粉砕したものを飲んでいたのですが、細粒のほうが飲みやすいことがカテ入院のときに判明!やはり粉砕したものだと細かすぎて飲み残しがあったりしました。
っていうのも 最近は一人で薬を飲む練習をしています。それだとどうしてもワーファリンが残ってしまうのです。細粒だと流れも良く袋から残ることなく出てきてくれるので・・・。
これでうまく飲めるようになるかな?
| HOME | NEXT

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04« 2017/05 »06

プロフィール

pumehana2006

Author:pumehana2006
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

フリーエリア

blogram投票ボタン

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。